運命について

今この場所に立っているのは運命か。
みんな自分の人生はすべて自分で選んできた結果であって、
神様が決めたわけじゃない。
料理をしてきたこと、お店の場所を宝塚にしたこと。

漠然と将来はお店を持ちたいという願望を持ちながら、
いろんなジャンルの料理を経験した。
お店をするなら、と興味があってデザインやマーケティングの勉強もした。
なにか一つの専門を極めてるわけではないけど、
今まで見た景色は総合的にバランスよく、今の役に立ってると思う。
運命と言えるのかもしれない。
人との出会いも同じで、その人に会うために過去の出会いや別れが
あったのかと思うほどの強く惹かれるような、運命的と言えるような出会いがある。

つまり個人的見解ですが、
人は不思議な出来事に運命という言葉を当てはめて
よろこびを最大化してるんだと思うのです。もちろんいい意味で。
人間はよりよく生きるために、虚構を作れる唯一の生きものですから。
なので、運命は神様の仕業ではなく
自分が発した心の振動に人や物事が共鳴した結果だと考えます。

今日は3月19日。
MEEKと読めること気づいた運命について。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

アートとメッセージ

次の記事

選んだ道を整えていく