料理は相性

たくさんの料理レシピが溢れている。
ネットのない時代には、
何十年も修行してこそ得られた技術や味が、
今はクックパッドやクラシルで
簡単にレシピそのものは手に入る。
テキストから動画へ。
これからは5GやVR技術で、
もっとリアルタイムに個人の適正に合った
レシピを提示してくれるのでしょうか。
確実に、食べものの美味しいレベルは上がっていて、
どんなお店も美味しくて当たり前で、
誰でも美味しい料理が作れるくらい
テクノロジーの進化によって、食の民主化が進んでいる。
でも溢れすぎていて何を選んでいいのかわからない。
そんな時は、ネットのだれか知らない人の
レシピを参考にするより、自分に合ったプロの人や、
料理研究家さんを数人見つけて、耳を傾けるなり、
レシピ本を買うなりした方がいいと思うのです。
その方が感性が近いわけだから、
その人が作ってる他のお料理も
美味しく作れる確率は上がりますし、
自分の中に味の基準ができてきます。
料理の不思議なところは、
レシピの分量と行程をそっくりそのまま真似しても、
まったく同じ味にはならないところ。
よく五感を使うなんて言いますけど、まさにそれで
音や触覚、熱の伝わり方、切り方など、
ひとつひとつの細かい作業に経験でしか
わからないものが、きっとあるのでしょう。
でも、もっと不思議なのが、だれか特定の人のことを
心から想って作るのが一番美味しくなると思っています。
それも含めて、料理は愛情でもあるし相性でもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

何をいいと感じるか

次の記事

やさしい嘘