やさしい嘘

宣伝について。
オープン当初はもちろんお店の存在をアピールするために、
様々な宣伝活動をしないといけない。
チラシを作って近隣の住居にポスティングしたり、
雑誌の掲載に飛びついたり、フードイベントに出たり。
時代的にもインスタグラムが
一番効果があったような気がする。

ポスティングは費用対効果がとても悪い。
時間がかかりすぎるという難点。何かしら特典も必要。
雑誌や紙媒体での宣伝は、一時的なものだし、
相手側の熱意もあまり感じられない。
特集を組むために間に合わされてる印象。
イベントはやっぱり、同業者のつながりができるのと、
わざわざ目的を持って来てくれるお客様と向き合えるのは
感謝の思いが増すのでメリットは大きい。
でも、店舗営業を休みにしないといけないし、
知らずに来てくれたお客様の喪失感を想像すると心が痛い。
あと、商品を大量に前倒しで作らないといけないから、
出来上がってからの時間の経過がすごく気になる。
それらと、天候の心配も、無駄に神経を使う。
総じて、だからあんまりイベントは出たくない。
インスタグラムの恩恵は大いに受けさせてもらった。
無料だし、ユーザーも広いし、求めるターゲットも近い。
ただ情報の流れが速すぎて、どこかせわしない。

以上のどれよりも、ずっと大事にしてる宣伝方法は、
周りに話したくなるような体験をしてもらうこと。
記憶に残るような仕掛けをすること。
認識をしてると認識してもらうこと。
余ってないのに、余ったからと言って
少しおまけをすること。
長期的戦略は個人店の強み。
地に張った根が、いつか実をつけますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

料理は相性

次の記事

顔と名前