おくゆかしきシンプル

水も米も毎日いただける。
なぜシンプルは飽きないのだろう。
料理のジャンルに目を向けてみると、
お寿司や焼肉は老若男女、不動の人気を誇る。
ごはんの上に魚が乗ってるだけだし、
肉を焼くだけだし、
究極にシンプルな料理だ。
お店の数もたくさんある。
他に天ぷらやフライドポテトなども、
シンプルで人気があって飽きない。
料理なんてつまり良い素材を引き立てるために
最小限の味付けを施すのが究極なら
技術が必要なのかとさえ思ってしまうほどに、
普遍的なもの、変わらないもの、
ずっと続いてるものはシンプルゆえ奥が深い。
できそうで、できない。
簡単そうで、むずかしい。

人間も、
自分が相手に言うことを
自分ができてなかったり、
当たり前のことが
当たり前にできてなかったりと
身勝手で複雑な生きものだ。
究極の人間になるためには
シンプルでないといけないかもしれない。
引き立てるための味付けはほんの少し必要だけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


前の記事

凪いだ心で

次の記事

お店の役割