人生意気に感ず

人は利害や打算で行動するのではなく、
相手の心意気に感動して動くもの、という意味。
中国は唐の時代の古い言葉。
どれだけ文明が発展しようとも、
人間の本質はつくづく変わっていないなと思ってしまう。

時代は早いスピードで変化していき、
便利さと快適さを追求した結果、
コンピューターと接する機会が多くなり、
さらに追い打ちをかけるように、
人と人との分断が余儀なくされている現状で、
今の子供たちが大人になった時の常識の中に
人と人が触れ合う感覚が残っているのかと
ついつい考えてしまう。
人間は大きな変化にはじめは抵抗を示すものの、
いずれは慣れてくる生きもの。
オンラインが当たり前になって、
モノやお金もいらないほどに
欲求が満たされるようになって、
何を欲しがるようになっていくのだろう。
結局、みんな慣れていくのだから
何も心配することはないのだろうけど、
予定を立てるのに、少し先の未来を見ていたい。
その答えは誰にもわからないけど、
人間の本質は人間ができた時から変わってないのだから、
相手の心を動かせるようにはなっておきたい。
相手が人間だったらという前提にはなりますけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

自己嫌悪という種