備えあっても憂いはある

四季の配分が年々おかしくなっている。
野菜や動物たちも驚いてるに違いない。
夏がもうすぐそばで待っている。
ウイルスとどう共生していけばいいのか。
まず夏場のマスク着用はけっこうストレスになりそう。
海水浴やプールに行けなくなるのは、
子供たちにとっては大問題。
キャンプや旅行などのレジャーも自粛となると、
ただただ暑い夏を家の中で、
エアコンを全力で消費しながら
悶々と過ごすしかないのか。
経済が回らない、失業者が増える、
ストレスが増える、心も蝕まれる。
やっぱりオンラインでできることにも限界があって
あらためて人と人が体感的に触れ合い、
共鳴する行為の重要さに気付かされる。
生きてる心地というか。
さらに最近の夏は豪雨による水害の被害が
毎年のように起きている。
この夏もほぼ確実に起こるでしょう。
気象の異常や地殻の揺れなどの天災は、
ある程度、予測が出来るものの
人の想像を遥かに超えてくるもの。
最悪を想定するのにも、そのための備えをするのにも
人類が経験したことのないことなんて、わかりっこない。
未知の世界だ。
この夏は特に危険を感じる。
でも可能な限りの備えで、明るい未来を想像していたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

人生意気に感ず

次の記事

教えるということ