想うことも感謝

デリバリーでお客様宅へお伺いすると、
当たり前に、とても感謝をされる。
感謝の量が数値化できるなら
店頭よりデリバリーの方が確実に大きい。
厳しい状況が続く中、明るい兆しもないまま
なかなか希望を見出せなく、不安が不安を誘う。
人によっても対ウイルスのセンシティブは様々で、
潔癖や神経質だと、すごく大変そう。
お店を営業するか否か。
業態や業種にもよるけれど、
するのも正義だし、休むのも正義だ。
自粛の中、活動してる人に対して
正しいルールなんてないのに、
クレームや通報などはしないでほしい。
悪い言葉は悪い循環を生んでしまう。
活動しないといけない人もいる。
休まないといけない人もいる。
この機会に、
日々の些細な出来事も誰かの活動によって
成り立ってることをもっと想像して、
感謝の気持ちを、たとえ伝えれなくても
想うことだけでも効果はあると思う。
年に一度のイベントや行事は、
どこかの企業が営利目的に作ったに過ぎないと
遠いまなざしで見ていたけれど、
何かの日、というのは
忘れてはいけないこと、大切なことを
あらためて思い出すいいきっかけになる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

線をどこに引くか

次の記事

力を抜いて