前職について

料理の世界に入ってから、お店を始めるまで
いろんなジャンルのお店を経験した。
フレンチやイタリアンなど
専門的な料理を学んだわけではない。
接客もしたし、大根のかつらむきもした。
時代的にも修行や経験が重要だったので
サラリーマンと違って、ころころ転職することは
特に悪ではなかった背景がある。
その中でも、一番長く勤めれたのは、
阪神間に何店舗か展開している
スパゲティ専門店のリュリュというお店。
MEEKを始める直前まで8年もいた。
家族を守るのに転々としてられないという
理由もあったけど、入社した動機も続いた要因も
単純にパスタが好きだったから。
※パスタというカテゴリーの一部がスパゲティ。
毎日のようにパスタを食べていた。
休みの日にも食べていた。
料理というよりかはお店の運営や経営、
組織の在り方などを学ばせてもらえた。
間違いなくその経験は今に活きている。
どんな些細なことも経験を通して感じたことは
将来に必ず線となって繋がっていく。
飲食店が10年続く確率が1割に満たない中、
リュリュは40年以上も続いている老舗。
それだけ続いてるということは、
お客様に愛されてるからに他ならない。
この苦境と淘汰も、その愛があるからきっと大丈夫。
MEEKでパスタを提供できたらいいなと
度々思ってきたけど、今のところ予定はないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

夏の懸念