暴走族がきらい

日常的に、そもそも「きらい」という言葉は
使わないようにしてるのだけど、つい言ってしまった。
理由は、単純にうるさいからで、理解できないのは
運転してる人が一番、継続的にうるさいはずなのに、
どうして平気でいられるんだろう、という疑問。
族ほどではないにせよ、単体でも爆音のバイクが
宝塚の街の風を切ってお店の前を駆け抜ける。
信号待ちでタイミング運悪く前に停まられるとやや迷惑。
タイトルでは興味を引くために誇張してしまったけど、
とかく、うるさい音がとても苦手で、
救急車やパトカーのサイレンの音も大きすぎるから
もうちょっと下げてほしいと思ったりしてる。
すごく怒鳴る人とかもやめてほしい。

抽象化するならば、爆音を鳴らす行為は、
故意に周りに迷惑をかけているということ。
当事者が一番うるさいはずなのは、いったん置いといて、
なぜ故意に迷惑をかけてしまうかの本質は、
きっと自分に注意を集めたいという表れ。
それは日常で何かが満たされてないということ。
そして足りないものを満たす手段を他に知らないから、
簡単に手にはいる注目で満たしてしまう。
選択肢はたくさんあることを知ることが大切で、
そうすれば命を絶つこともなくなると思うし、
違う方法でいくらでも心を満たすことができる。
爆音が近づいてくると、一瞬きらいにはなるけど、
その後、嗚呼、他に心を満たす方法を知らないんだなあと
可哀想に思ってしまう自分がいる。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

繰り返すたびに

次の記事

制約は口に苦し