それ相応の環境

ある程度、属してる環境によって自分が決まってくる。
幼い頃は特に周りの環境に大きく左右される。
まず親の影響は絶対的にあって、兄弟や友達や先生との
関わり方次第で基礎の人格は形成されていく。
今という時間から未来を見るならば、
過去は関係なくて、今からでも変われると
リア充で前向きな人たちは言うけれど、
過去の育った環境と体験したことは、深く根を張っていて
人格はそう簡単に変えられない。

環境が人をそれ相応に適応させていく。
もうその世界が当たり前になってしまう。
親がお医者さんなら、子供もそういうマインドだし、
ヤクザや暴走族は、偏見かもしれないけど
細かいギンガムチェックのシャツを、きっと着ない。
環境の波はとても大きくて、抗うことがむずかしくて、
同調圧力が特に強いこの日本で、
その場所から抜け出すには、かなりのエネルギーがいる。
たとえ一人になったとしても意外と大丈夫。
人間社会はいろんな欲にまみれてる環境だけれど、
ほんとの幸せなんて周りの評価なんて関係なく、
自分の心次第でいかようにも変えられるはず。
でもそのことに気付いたり、
他にも選択肢があって、選べる自由を手に入れるには
年齢を重ね、時間をかけないといけない場合があるから
若い人はどうしても不利になってしまう。
みんながみんなを必要とする、
やさしい世界になりますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

慣れないこと

次の記事

おまかせへのご理解