慣れ親しんだ世界

最近よく聞かれるのが、
コロナが終われば通常営業に戻るんですか?
つまり、予約制ではなくなるのか、という意味合いで。
それくらい予約制にしたのと、コロナによる自粛の
始まったのが同じタイミングだった。
業界に長年、身を置いてるものとして、
業界を客観的に見るのが、なかなかむずかしい。
一般的な消費者がテイクアウトの予約制について、
どう思ってるのか、未だにつかめないでいる。
自分が外食でもしようものなら、
どうしてもいろんなところを見てしまう。
接客サービスやお店の清掃具合や空間のデザイン、
席数やスタッフの動線や予想される回転数から売上まで。
くまなく見渡してしまう。もう無意識ですらある。
シンプルに食事を楽しむことができなくなってしまった。
人気である理由や人気でない理由は、
何が原因になってるかを、ついつい探ってしまう。
いいところも、よくないところも
やっぱり見た分だけ、知った分だけ、勉強になる。
飲食だけにかかわらず、どんな職業の人でも
同業種を消費者として利用する際は、
どうしても同じ目線で見てしまうでしょう。
もっと広い範囲で捉えるなら、
飲食もサービス業のひとつにしかすぎず、
映画も遊園地もショッピングもレジャーも
大体において休日を過ごす時は、ほぼほぼサービス業を
利用するので、無意識に脳の計算が動き始めてしまう。
もっとサービスの世界を純粋に楽しめるようになりたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

おまかせへのご理解

次の記事

夢と欲