人類わがまま化

日本は戦後の高度成長によって世界でも
トップレベルの豊かさを得ることができた。
上の世代の人たちが、がんばってくれたおかげで。
そうなった背景には、画一的な政策や、
終身雇用、年功序列、国が用意した
形にはまった人生のガイドラインに沿うように
たくさんの国民が前ならえをして、
整列をしたから、とも言える。
その頃は、情報が少なく、選択肢も少なかったから
必然的にそうせざるを得なかった。
テレビや新聞などのメディアが情報の全てだし、
また国もうまくそれを利用した。
ところが、
今という時代は、スマホの普及で一人一人の
手の中に世界があって、すぐにアクセスができる。
大量の情報と、大量の選択肢と、
もはや正解を出すことになんの意味もない。
テクノロジーの進化のおかげで、みんな自由になれた。
学校もいやだったら無理して行かなくていい、
仕事もいやだったら転職すればいいだけ、
SNSにおける発言の自由、
離婚のハードルも下がっている。
自由になったのか、わがままになっただけなのか
見方によっては紙一重だ。
自由には責任が伴うし、周りを犠牲にしてはいけない。
昔はある程度決められた通りに生きればよかったけど、
今は自由の扱い方が簡単になったからこそ
正しく扱うべきで
それを知ってる人とそうでない人で、
格差が必然的に生まれるのは避けれなそうです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

由来を想像する

次の記事

信号を守る