信号を守る

ごく稀に、街でお客様を見かけることがある。
よくある世間は狭いってやつで、
相手の時間を奪うのは、失礼だと思っているので、
よっぽどでない限り、もちろんそっとしておく。
逆も然りで、こちらが気付いてないところで
お客様に見かけられる可能性もある。
自意識過剰というわけではないけど、
お店をしてる以上、対大勢なので一方的に
見かけられる方が確率としては高くなってしまう。
周りからどう見られるか、どう思われるかは
さほど気にはならないけど、外を出歩く時は、
うかつにお店のイメージと乖離してしまうような
言動や行動には気をつけている。
怒鳴ったり、喧嘩したり、歩きタバコしたり。
だれも見てないところで、
してるというわけではないです、くれぐれも。
逆に、いつだれに見られてるかわからないという
意識から、困ってる人がいたら助けるし、
道は譲るし、ダサくない服を着るし、ムスッとしない。
静まりかえった暗い街で、明らかに車が通らないであろう
交差点でも、きちんと信号は守る。
お店をしていなくても、いつだれが見ているかわからない
という意識は持っておいて損することはない。
ましてや、テクノロジーの進化で厳密に言えば
どこにいるかなんてデータで管理されてるし、
検索した内容もデータで残ってるし、
隠れる場所なんてどこにもない。
時代はどんどんオープンになっていって、
プライバシーの概念も変わっていく。
いつどこで何をしてたか言えないこと自体が
何か悪いことをしてたという認識になってしまう。
人権の在り方もこれから変わっていくことでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA