蓄積されていくもの

何かを得た実感のないものが、
知らないうちに蓄積されて、大きな効力を生む、
というのは万物の世界の真理だと思います。
これはいいことにも、悪いことにも作用する。

例えば、よくある誹謗中傷なんかは、
発信してる側の一つ一つは軽いものかもしれないけど、
受け取る側は、まとめてたくさん受けるわけだから
やっぱりダメージは大きい。
いじめの問題も、いじめてる側は
いじめてるという意識がないから余計に厄介。

反対に、いいことで言えば、信用や実績など。
これを考えると、自分の人生を振り返った時に
もっと意識しておけばよかったと後悔する。
アルバイトひとつとっても、実績を意識するなら
生産ラインで流れ作業の仕事をするよりも、
自分で考えて動ける仕事の方が将来的に有利になる。
そこにはお金で買えない価値があって、
いかに後になって役に立つ時間を今使うかは
投資という考え方とも言える。
人はどうしても目先の利益を見てしまいがちな生きもの。
お金という概念がまた人を惑わせるし、
日本の教育は特にお金の勉強をしないから
拝金主義が今も蔓延っている。
貯金は何も生まれないし、むしろ価値は下がっていく。
信用だってそう。
積み上がってこそ大きくなっていくもの。
効果は実感できないけど、日々の行いが大切。
もっと言えば秒単位で意識してもいいくらい。
というわけで、
4年前の明日にオープンしたお店は
秒単位の時間が蓄積された結果が生んだもの。
それを将来にどう活かせばベストなのか思いを馳せる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

いい塩梅

次の記事

歳月のたより