歳月のたより

お店が今日で4周年を迎えました。
お客様あってこそ成り立つ循環の中で迎える節目は、
ひとたび立ち止まり整理をし、
考える時間を与えてくれます。
人類が勝手に時間を区切り、
振り当てた月日にもかかわらず、
一定のスピードで止むことなく流れる時間は
春に桜が咲くように、
夏に蝉が鳴くように、
秋に赤が濃くなるように、
冬に猫が炬燵で丸くなるように、
人類以外の生命たちも、区切りのない時間を
周期で認識し全身で感じている。

今年は営業方針を完全予約制というスタイルに
変更するという大きな変化があって、
まだまだ認知されていないことも多く、
戸惑いや葛藤を抱えながら、今後のことも含め、
この周期になってみて深く考えさせられます。
また新型コロナウイルスによる影響で
もともとテイクアウト専門だったから
危機を免れたとはいえ、決して他人事ではなく
飲食業界のあり方や構造そのものが
根底から問い直されてるのを、間近で感じていると
食に携わっている身として、
何かできることはないものかと、
ない知恵をしぼる毎日です。

この節目を機に、次の5年目をどうしていくか。
もとの世界に戻れないと囁かれてる中で、
どのようなカタチが求められていて、
時代の価値観に適合できるのか。
たとえ少しずつでも学び探りながら前に進み、
その答えのようなものを見つけていきたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

蓄積されていくもの

次の記事

知ろうとすること