思わぬこと自分にできること

ご予約を前日の18時までと設定していて、
締め切り間近にいただくことがけっこう多い。
よくある夏休みの宿題の喩えや、
店仕舞いすると聞いたら訪れるように、
ギリギリが大好きな人間の心理というものでしょう。
お客様を責めてるのではないことをお断りしておきます。
締め切り直前に予約が立て込むと、まあ大変。
特に1組1個のパエリアや前菜が10組重なったりすると、
一人でできる限界を超えてしまう。
一睡もしなくても物理的に間に合わない。
どのラインまでを断ればいいのかもわからない。
ついでに言うと断りにくいタイプだ。
だから18時前はいつも冷や冷やしている。
この問題はだれも悪くなくて、
締め切りを数時間早くしたとしても、あまり効果はない。
ネットの注文も1日当たりの数量を限定できる
スペックがないからむずかしい。
今までもそこまで許容量を超える注文はないので、
18時締め切りで様子を見ている。
要するに、
一人一人がルールを守った上での、
何気ない行動でも、一極に集中してしまうと
相手をノックダウンさせてしまう可能性を秘めている。
誹謗中傷のそれと似ているかもと思ったのです。
決してお客様を責めてるわけではないことをご了承下さい。
自分自身もギリギリなタイプなので、
お気持ちはすごくわかるのですが、
できる限りお早めのご予約をお願い致します。
だれのせいにするのでもなく、お互いにとってメリットが
あることを考え続けること、その視点で物事を見ることで、
マクロで見ると社会のシステムもよくなっていくはず。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

霧の中、渦の中

次の記事

他愛もない夏至