魔法のことば

「ありがとう」や「美味しかった」と言われて、
嫌な気分になる人はきっといないはず。
こんな些細な一言で、
今まで時間をかけてきた労力や、がんばりが
報われるし、救われるし、満たされる。
まるで魔法をかけられたように。
言葉が持つエネルギーは壮大。
不思議なもので、どんな言葉もただの文字の羅列なのに、
ポジティブな言葉と、ネガティブな言葉では、
心に与える影響が大きく変わってくる。
人間の思い込みと習慣の力は侮れない。
もしかして、些細な言葉から喜びを汲み取る行いは、
日本的な文化が大きく関わってるかもしれない。
島国で限られた資源の中、鎖国という文化もあったり
閉じられた環境で、いかに楽しいことを見つけ、
喜びを享受できるかの思考の先に発見したもの。
尊敬や丁寧や謙譲などの複雑怪奇な語彙表現の数々、
色んな感情の機微に当てはまる言葉があったり、
日本人ですら使いこなせてないほどに
日本語には表現方法が幾多にも及ぶ。
小さなことから、大きな喜びを見出そうとする
日本独特の心の洞察の歩み。
その美意識は大切にしたいものです。
言われて嬉しいのはもちろんのこと、
自分のためにしてくれた相手の行為に対しても、
適切な言葉をもって、気持ちを伝えるようにしたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


前の記事

同じ方向を見る

次の記事

その場所に在るもの