相容れないもの

この世の中には、相容れないものがたくさんある。
好きなことで仕事をしていくには、
生活を維持していくのがむずかしくて、
仕方なく好きでもない仕事をしている人。
野菜だってほんとは、有機や無農薬なものを
使いたいし、食べたいと思うけど、
大量には作れないから、どうしても値段は高くなるし
生活に見合ったものを選ばざるを得ない。
ほんとに自分がしたいと思っていることと、
何かを守るために、それを諦めなければならない
境界線をどこに引くかで、人は悩み苦しみ葛藤する。
何を優先するかは人それぞれだし、
全員が満足することなんてありえないし、
犠牲も少なからず考慮しながら、我慢もしながら
落とし所を見つけて、みんながんばってる。
でも、大量生産と手仕事、社会性とビジネス、など
二項対立になりがちな相反する矛盾ではなくて、
うまくかけあわせて見つかる道もあるはずだから
その可能性を探る気持ちは諦めずに持っていたいと思う。
むしろ世界はうまくできていて、
歴史を見ても相容れないものの中から答えを見つけ出し
適応し許容してきたわけだから、それを乗り越えることで
進化なのか退化なのかはわからないけど、
人類はここまで発展してきたのかもしれない。
矛盾に潰されないように、その試練を乗り越え
自分なりの抜け道を見つけないと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


前の記事

この国の美学

次の記事

だれのための時間か