親が教えれること

最近になって学校や教育の是非が問われるようになった。
昔は学校に行きたくない時があったものなら、
当たり前のように、無理やりにでも行かされてた。
近頃の子供は行きたくなかったら、
行かなくてもいい流れになってるような気がする。
確かに学校は、時代の変化のスピードが早いにも関わらず
あまりアップデートされていない。
毎日分厚い教科書の入った重たいランドセルに、
軍隊のような行進に前ならえ。
集団行動をする上で規律はもちろん大切だけど、
これからの時代は規律すら思考の邪魔になりそう。
子供を見ててそう思う。
主体性を育てるのはむずかしい。
自分で気づかないといけないから。
学校とはそういうものかもしれないけど、
正解のある問題ばかりだと、どうしても受け身になり
待ってたら答えがもらえるから、特に日本は、
主体性は育ちにくい環境になっている。
実際に子供を見ててそう思う。
コロナの影響もあって、色んな価値観が大きく
変化しようとしているのに、親が教えれることって
自分が体験してきた価値観の範囲になるから、
これが正解だと確信を持って伝えれないし、
時代は変わってるよ、と言われるし、
どうしても価値観の乖離ができてしまう。
だから時代を先読みして教えてあげないといけない。
人としての普遍的な真理はもちろん教えてあげれるけど、
学校の教育も、インターネットもSNSも、
情報を一方的に与えてくれるばかりなので、
主体性が損なわれてしまうことを懸念しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

想いの橋渡し