美味しさの理由

最近はあまり美味しくない食事に出会う事がない。
情報インフラが整っているし、科学も日々進歩している。
インターネットの中には、テキストや動画で手に入る
美味しそうなレシピがたくさんあるし、
昔はなかった白だしや万能だしは十分に美味しいし、
冷凍食品やレトルト食品は豊富になって品質も上がり、
食べるものの美味しさは豊かさの象徴だと思う。
もう美味しくて当たり前の世界になりつつあって、
お店は味以外の何かで勝負しないといけなくなってきた。
でも一般的には、まだまだお店を評価する基準として、
どこそこは美味しいだとか、美味しくないとかで
判断することが多いように思う。
グルメサイトなどでは、お店を点数で評価するので、
味と点数が直結してしまいがちになってしまう。
そんなことはなくて、美味しさというのは
人それぞれに感じ方が違うものだから、
点数に惑わされないで、周りのバイアスを通すことなく
自身の判断で食事を味わうことができたなら
また楽しみも広がるように思います。
食材そのものが美味しいのか、
調理技術が料理を美味しく仕立てているのか、
作り手の情熱が美味しくさせているのか、
空間や雰囲気が美味しくさせているのか、
その日の自分の気分が美味しくさせているのか、
最終的に導き出される美味しいには、
このように色んな要素が相まって出来上がるもの。
とにかく美味しいと思う感情は、
点数や数字で簡単に評価できるものではない。
作り手の顔が見えるってやっぱり大事ですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

心を動かす要因

次の記事

キリンと象