美しさと限界

職人技はとても尊い。
伝統工芸などに見られる一点ものの価値、奥深い魅力。
一年をかけて、一つの腕時計を一から作る人もいる。
その人にしかできない、歳月を重ねてこそ身につく技術。
効率は悪いけど、かけた時間はそのプロセスをも含めて、
言葉では言い表せないほどの美しさを作品に与える。
でも、数千円の耳かきが目の前で売られていても、
きっと買わないのは、その背景を知らないから。
その人がどんな想いで、それを作ったのか、
どこにこだわってるのか、その物語を知らないから。
その良さを引き出すためには伝え方にあると思っています。
作って終わりではなく、作ってからの届け方を工夫すれば、
もっとチャンスは広がりそうなのに。
ところが、需要が多くても、生産量に限界があるから
供給できないし、需要が少なければ、
活動を続けていくことができない。
その折り合いがとてもむずかしいのですが、
時代は否応なく大量生産に向かっていて、
人々の興味や関心も、効率化が基準になりつつある。
ファーストフード、ファストファッション、5G。
びゅんびゅんと早そうな言葉が駆け抜けていく。
みんながいいと思うものを、いいと思い、
似たような人たちが街に溢れ、簡単に人を傷つける。
どうも効率化が個性や人間の美意識を
奪ってるんじゃないかと、懸念している。
散り際の美学が語るように、
限界があるからこそ美しいと思えるのかもしれません。
美しい世界が好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

両立の道

次の記事

繊細さん