決して逆らうことのできない大きな流れ

Netflixの「食品産業に潜む腐敗」という
ドキュメンタリーがおもしろい。
腐敗という名前がついてる通り、
かつては栄えていたものが、
廃れていくさまが描かれている。
人口の増加や、生活スタイルや趣味嗜好の変化で、
否が応にも、需要と供給のバランスが崩れる。
お金儲けをしようと悪いやつも出てくる。
正義と正義がぶつかり合う。
結果として、夢をあきらめ、職を失ってしまう
敗者が出てしまう現実を知ると胸が痛む。
なにも食品産業に限った話ではなく、
CDが売れなくなってしまった音楽業界や、
本や雑誌が売れなくなりつつある出版業界や印刷業界、
他にも斜陽産業はいくつもある。
さらにコロナウイルスが追い打ちをかけるように、
エンタメ業界や飲食業界に襲いかかる。
時代の大きな流れ、仕方ないといえば仕方ない。
恐竜が絶滅し、人間が生き残ったのは、
強さではなく、しなやかに環境に適応できたから。
新しいものを求めていけば、必然的に犠牲者は出てしまう。
そうして人類は進化してきたし、これからもそうだろう。
いかにしっかり未来を見据えて考えるか。
そういえば子供の頃には、医者になれだの、
弁護士になれだのと、よく言われてた。
安定を選ぶことが人生の正解ではないし目的にしたくない。
そして今、安定という言葉の意味も揺らいでる。
それぞれがそれぞれのしあわせを見つけよりよく生きるか。
みんなどこに向かっているのだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

予約はめんどくさい

次の記事

どんどん上がっていく