自分次第

普段何気なく生活してるけど、
当たり前に、いろんな仕事をしている人たちのおかげで
世界は成り立ってると気づく時がたまにある。
粗大ゴミを処理センターに持っていってそう思った。
淡々と業務をこなし、仕方なく、さして楽しくなさそうだ。
炎天下の肉体労働ほどつらいものはない。
ゴミというジャンルも、決して気分をよくするものではなく、
他にもそんな仕事に従事してる人はたくさんいる。
生活のために、家族を守るために、
生きるために、人は労働をする。
好きなことを仕事にしよう、なんて人は言うけど、
大半の人が生きるために働いてると思う。
中でも劣悪な環境で仕事をしてる人は必ずいて、
その人たちのおかげで、世界が回ってることに
感謝する気持ちを忘れてはいけません。
同じ地球に住んでいても、いろんな環境があるのに、
自分のいる世界がすべてだと思い込み、
あきらめてしまうのは、よくも悪くも人間の習性。
危険を犯さずに守ろうとする本能が備わってるから。
そこから飛び出すには勇気がいる。
リスクが大きい、犠牲もでる、たくさん失う。
でも、歴史を見ても時代を前に進めてきた先人たちは、
みんな現状に満足せず、あきらめずに、リスクを冒し
世界をよりよくしようと挑戦してきた、ごく少数の人たち。
時にバッシンングを受けながらも。
その方がかっこいいと思う。
挫折や苦労を乗り越えて得た成功の物語は美しい。
できればそちら側の世界に行きたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

どんどん上がっていく

次の記事

旅は人生の道標