選べないこと

少し長めのお休みをいただきました。

同じ場所に一人でずっと立ってる定点観測も大事だけど、

動いて誰かに会い、何かに触れることも大事だと思う。

世界の広さをあらためて感じたし、

日本にもたくさんいいところがたくさんあるのに、

当たり前に生きてるうちに見れる景色は、ほんのわずか。

今は手の中にある画面の、

綺麗な景色や、美味しそうな食事を見てるだけで、

行った気分にもなれるけど、その時間その場所で

味わえる体験に勝るものはないはず。

休みの調整ができるのは、自営業のいいところ。

いろんなところに行って思ったのは、

生まれた場所である程度人生が決まってしまうということ。

幼少期の育った環境で、ほぼ大人が形成されてしまう。

生まれ育った町で、幕を閉じる人が大半だと思う。

仕事や結婚などのきっかけがない限りは。

都会も田舎も、いい面やわるい面の両方があるけど、

周りに人の数が多いほど、刺激はたくさんあるから、

成長の速度は都会の方にメリットがありそうだ。

著名人が東京に集まるのは必然で互いに刺激し合う。

でも、その世界を知らなければ知らないで

平和のような気もするから、それも悪くない。

知ってるしあわせと、知らないしあわせ。

親を選べないのと同様に、生まれる場所も選べない。

授かった運命は受け入れて、

自分の力で変えていくしかないのだけれど。

少し長いお休みをありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


前の記事

夏と食