勉強がしたい

学生の頃は勉強がきらいだった。

偏差値の低い大学に入れたものの、中退してしまう始末。

勉強の重要性もいまいちわかってなかったし、

記憶力も悪かったし、理解できる喜びを見出せなかった。

二十歳から料理の世界で仕事を始めると、

拘束時間は長いし、身体が疲れてしまって、

仕事の時間でいっぱいいっぱいだった。

子供も早くに生まれたから、長らく仕事と家族に

自分の時間を捧げてきたつもりなので、

能動的な学びを得る機会がほぼ皆無だった。

やがて子供の手も離れてくると、時間の余裕ができてくる。

その時間は、何も知らない自分を気づかせてくれる。

今までいかに勉強をしてこなかったか。

知らないことばかりで恥ずかしくなる。

世の中のことをもっと知りたいと思えるようになった。

わかることも楽しいと思えるようになった。

いろんなことを知るようになってくると、

物事に対しての捉え方に選択肢が増えるから、

うまく対処できるようになり、世界も広がる。

怒りの感情も知識によってコントロールができると気づく。

記憶力が悪いので、すぐに忘れてしまうけど、

何事も知って損することはないと言える。

今までの勉強不足を後悔しても仕方ない。

世の中のことを知り尽くせる日はこないと思うので、

今からずっと勉強し続けるしかない。

学びに費やした時間は、

この先できっと役に立つことを信じて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


前の記事

データを味方に

次の記事

本が好き