本が好き

高校生の時は理系だったので、国語は苦手だった。

だから本なんてあまり読んだことがなかった。

そんな時、友達が休み時間にフロイトかユングの心理学の

むずかしそうな本を読んでいた姿が、かっこよく思えて

自分も興味があった生物学か遺伝子かの

むずかしそうな本を読んでみたら面白くて本にはまった。

はじめの動機なんてそんなもの。

本を読んでる自分の姿に酔ってただけかもしれない。

だからキンドルなんかより紙の本の方が好き。

本を読んでる感じがする。

基本は仕事柄ビジネス書と小説を並行して読む。

ビジネス書が仕事の役に立つのはもちろん、

小説も言葉の言い回しや表現方法は記憶に蓄積されていく。

その著者の描く世界に入ることができ、

価値や考え方を知り、伝えたいメッセージを受け取る。

今はネットメディアで溢れ、若者の本離れが進み、

出版業界も斜陽産業と言われてるけど、

歴史の出来事は言葉が繋いできたように、

これからも言葉によって、

未来へ形を残していくことはたしか。

本というのはそれだけ叡智がつまっているから

簡単にはなくならないはず。

映像と違って自分のペースで読めるから、

じっくり考えれるし、丁寧に味わえる。

自己投資には効率もよく、

本を読むなという人は聞いたことがない。

本の良さはわかっていながらも、

なかなか本を読まない人に対して、

本を読んでる姿は、かっこいいという風潮を作れば

内容に関わらず、きっと読むようになるはず。

きっかけは自然発生するもの。

ビジュアルも大事ですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

勉強がしたい

次の記事

楽しかったこと