数値化できない情熱

今の10代の女子は、一度は K-POP にはまる。

昔では考えられないほど、韓国の映画やドラマや音楽は、

世界にも通用するようなエンタメになっている。

国土も狭く、人口が少ないから必然的に世界を見る。

K-POP が好きな人に話を聞こうものなら、

とても詳細に熱く語ってくれるのは、

それだけ深くアーティストと関わってるわけで

ファンとしての熱量がみんな高いように思う。

プロモーションが上手なのはもちろん、

アーティスト本人の努力の量は真似できないくらい

圧倒的で、それがファンに伝わっているのだと思う。

人は目標に向かって、一生懸命に取り組んでる

姿勢なり背景に、魅了され、心が震え、感動する。

情熱は数値化できないけれど、

確実に人々の心に伝播する力には比例している。

うまく届いてないのは、情熱が足りてないだけ。

もちろん届け方や伝え方も重要。

子供の運動会だって、宝塚歌劇だって、

ひたむきな努力の背景に人は感動させられる。

嗚呼、一生懸命は美しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

環境で変わる

次の記事

配慮はある方がいい