言葉の扱い

今までの人生で何か選択に迫られた時は、

わりと直感を頼りにしてきた方です。

直感は(夢も)突然降ってくるようなイメージですが、

自分が経験したことや、理解できる範囲のロジックが

組み合わさったもので、うまく言語化ができてないだけ。

説明できないけど、何となくいいと思う感覚は、

理にかなってるし、それを信じてきたことに後悔もない。

思考のスピードに言葉が追いついてないだけ。

そもそも考えることも言葉を知らないことには、

適切な表現に当てはめることもできないし、

自分は何となく理解してても、

相手に正しく伝えることができない。

すごい、とか、やばい、とか、エモい、とか

最近はざっくりした表現が盛んに使われてる。

便利な言葉だけど、なにがどうすごいのかわからない。

特に日本語は、細かい表現方法がたくさんあって、

語感や響きもよく、綺麗で美しいから、

知らずにいるのは、どこかもったないような気がする。

でも時代はYouTubeなどの動画が旺盛していて、

若者は文字や言葉に触れる機会が少なくなってるので、

微妙な表現方法は、徐々に収斂していくことでしょう。

とても残念なことです。

言葉によって人類は進化してきたのに、

言葉を失うことによって退化していくのかもしれません。

言葉も音符のようなものであって、

幾通りもの組み合わせで、ひとつのメロディーになるのだから、

自分を表現できる一番身近な存在として大切に扱いたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA