やさしい世界がいい

嫌われる覚悟で書いてみよう。

飲食店の社会的地位は日本では低い。

おもてなしを超えたサービス過剰が、

消費者に悪い習慣を生んでしまい、お客だからと

サービスを受けて当たり前という風潮に

なっているような気がする。

言ったら聞いてもらえると思ってるふしがある。

お店が決めている定休日や営業時間や

その他のルールは基本的に守ってほしい。

よく調べてから聞いてほしい。

とりあえず聞いてみるは、どこか思いやりがない。

どんな消費活動も、商品とお金の対価交換であって

上下関係のない、お互いが対等な関係のはず。

その関係がある前提でサービスをしたいと思うし、

喜んでほしいと思うし、お礼を言いたい。

当店はそんな姿勢で取り組んでるので、

あまり無理を言われることは少ないけれど、

お店によってはなんでも聞いてくれたりする。

要望を叶えてあげすぎると、また聞いてもらえると思い

基準線が下がり、収拾がつかなくなってくる。

予約制もしかり、飲食に携わる人たちの価値を

上げるためには、どうしたらいいのかと考える。

どんな職種の人にも、敬意を払い尊重した上で、

相手のことを思える想像力や配慮を持ち合わせれたら

気持ちのいい感謝が生まれると思うのですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次の記事

褒めの本質