どこに向かってるの

世の中全体がより合理的になってきている。

夢や目標を設定して、それを叶えるために逆算して

今何ができるかを考え行動する。

無駄を省き、生産性をひたすら上げて邁進する。

インターネットは知りたいことをストレートに、

ピンポイントで教えてくれるので、

余計な情報に触れることがあまりない。

まるで早い乗り物の乗って時空を移動していて、

周りの景色を見る余裕もなく進んで行くように。

それがいいかどうかはわからないけど、

見失ってるものもあるような気がする。

散歩をしていれば、街並みが見え、植物に気づき

空の青さや雲の形が、不意に視界に入ってくることもある。

ふと目にした情報に惹かれたりもする。

テレビやウインドウショッピングみたいに、

目的のない行動をしていると、偶然の出会いがある。

その発見が、この時代において、もしかして

とても意味のあることではと最近思っている。

インターネットでは、自分にあった広告や商品を、

ここぞとばかりにおすすめしてくるから、

ある意味小さな世界とも言える。

時代は合理的に向かっていて、早さを競っているけど、

人間の方がついていけてない印象を受ける。

そしてその違和感に気づいた人たちは

あえて不便を選び、快適な時間を享受しようと

都会やネットから離れる動きも実際起こり始めている。

無駄のない合理主義も憧れるけど、

心が動く素敵な偶然の出会いも捨てがたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

伝えるむずかしさ

次の記事

目的のない出会い