不安としあわせ

だれもが将来に対して不安を抱いている。

世間的にもこれからは不確実な時代と言われていて、

何を指針にしていいかわからない。

その上、コロナさんが後ろを追ってくるように、

早く考えろと時代を前に進めたがる。

昭和世代には、ある程度安定の道が整えられていて、

終身雇用に家族仲良しマイホームが、

しあわせの象徴だったような気がする。

でも安定としあわせがイコールだとは思わない。

明日生きれるかわからない縄文時代にも

しあわせはきっとあったはず。

結婚して、家族を持って、家を買ってという

昭和のしあわせ観に縛られすぎてないでしょうか。

そうしないといけないという思い込みかもしれません。

だから不安が生まれてしまう。

不安としあわせは少し関係がある。

不安は自分の頭で考えてるうちは、

だれに相談して聞いてもらっても解決しない。

自分の力で動いてみないと始まらない。

動いたことによって、それが自信となり

進んだ分の積み重ねが、しあわせにつながっていく。

時代を作ってきた人たちは、恐ろしいほどの不安を抱え、

このままでは駄目だと、勇気を出して行動してきたはず。

たとえ小さくても何かアクションを起こし、

続けていくことで自己肯定感を高めていけばいい。

現状維持したいのは人間の防衛本能だからやっかいだけど。

しあわせは不安の先にしかないと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

目的のない出会い

次の記事

感情との向き合い方