心にまつわる仕事

この数日間、お客様からたくさんメッセージをいただいた。

悲しんでくれ、残念がってくれ、最後には応援してくれる。

ほんとうに心からありがとうございます。

テイクアウトだから、お客様と実際に接した時間は、

僅かなものだけど、お店が存在していた期間は、

その関係性を深化させていく。

自分の作った料理にまつわるそれぞれの物語を聴くと、

食を通してつながったやさしさに心を動かされる。

公園でのピクニックや、お祝いでの集まりや、

クリスマスやおせちまで、いろんなシーンでのご利用が、

いろんなエピソードとして記憶に残っていく。

特に小さなお子様連れのお客様が多かったので、

同じように成長を間近で見ていたし、純白な心を持つ

子供に気にいってもらえてるのは特別にうれしかった。

そして幼少期の出来事はおぼろげながらも、

味覚として形成され、ずっと記憶に残っていく。

もうそれは責任重大な任務だと認識している。

果たして全うできたのかは、わからないけれど、

たかが一食の食事でも、人の心を動かす可能性のある

仕事であることは間違いない。

決して収入の安定した仕事ではないけれど、

身近な人と対峙し、感動を交換し合えるこの仕事の

魅力に取り憑かれてる人たちを誇りに思いたい。

それは人間が持つ根源的な喜びでもある。

だから飲食にかかわらず、サービス業に従事してる人の

割合が多いのは、そのためだと思っている。

お金はもちろん大事だけど、お金で買うことのできない

信頼や感動には大きな大きな価値がある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

終わりは始まり

次の記事

経営失格