悪いアウトプット

不満や愚痴を言うことが、

あまりよくないとされている風潮があるのは、

評価経済社会がもたらしたものかもしれない。

SNSで他人の誇張されたリア充を覗き、

フォロワー数で人の価値が数値化されるようになると、

まるで自分が周りと比べて劣っているように感じるから、

弱さを見せることをためらってしまう。

ストレスはコップに水が溜まっていくようなもので、

一定に量に達すると急に溢れると言われている。

自分でも気づかないうちに溜め込んでいたりする。

弱さを見せづらいのは、社会的な立場を守るためだったり、

弱さを見せてる自分がカッコ悪いと感じていたり。

だれだって好かれたいし誹謗中傷されたくない。

世間体としてこうあるべきという思い込みや

プレッシャーで我慢しすぎるのはとても危険です。

その衝動が思いもよらない行動を掻き立てたりしてしまう。

だれにだって弱い部分があって、その弱さがあってこそ

人格すべてを形成するものでもあるし、

ひとつの人生という物語だと思うから、

そんなにカッコ悪いことじゃないですよ。

むしろ弱さを見せれる方が素敵だったりするし。

だから、だれかに話したり、書き出してみたり、

自分の外に出すことは大切だと思うのです。

人それぞれ許容量の違いこそあるけれど、

悪いアウトプットをしないことには、

いい情報や楽しいことがあっても、

入ってくるスペースがなくなってしまうから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


前の記事

見えない影響

次の記事

つまるところ人の魅力