得より徳

お金は生きる上で必要なものだけど、あまり執着がない。

高級な車や料理など贅沢の類いも、あまり興味がない。

どうしてお金を十分すぎるくらい持ってる人が、

さらにお金を得るために危険を犯してまで、

悪いことをするのかよくわからない。

でもお金がなくて命を殺める人の気持ちは少しわかる。

それくらい社会のプレッシャーは強くあって、

お金はいろんなトラブルの原因にもなっている。

お金は本来、サービスの交換を便利にするための

道具にすぎなくて、人間の思い込みから生まれたもの。

硬貨やお札そのものには価値はなくて、

人間が勝手に価値があると信じているだけ。

いよいよ時代もキャッシュレスに向かっていて、

見えない分、お金の概念も変わっていきそう。

今の若い人たちも、お金よりやりがいを求めていたりする。

お金がなくなって、最低限の暮らしが保障されるなら、

トラブルも減り、平和な世界になりそうなものなのに。

物事を損得で計ってしまうと、視野が狭くなり、

本当の目的を見失ってしまう。

世の中のほとんどはお金でコーティングされているので、

もしお金のない世界ならば、何がしたいか、

なんのために生きてるのかを考えてみると、

やりたいことが見つかるかもしれない。

社会が人と人の関わりである以上、

お金より大切なものは,

時間にしか作れない、信用や信頼だと思うのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


前の記事

デリバリーの反省

次の記事

子供と過ごせる時間