子供と過ごせる時間

只今を秋と呼んでいいのか、爽やかな陽気で、

目の前の公園にもたくさんの人が賑わっていた。

公園でのんびり過ごすことが豊かな時間であると主張した

理想とするコンセプトは、ほど遠くなってしまったけど、

子供達が無邪気に遊んでる様子を眺めてると、

初心は間違っていなかったと思えてくる。

子供が子供でいられる時間はほんとにあっという間。

小学生の高学年にもなると、自我が形成されて、

好き嫌いがはっきりしてくるし

大人の顔色を伺うようにもなってくる。

ピュアな心を持っている期間がどれほど貴重なことか。

予測不可能な笑いを起こしてくれるし、

曇りのない笑顔で向き合ってくれる。

ぼく自身もたくさん経験させてもらった。

一人目の子供では、初めて経験することだから、

その大切さがなかなかわかりにくいけど、

二人目以降になると、その時間の有り難さを実感する。

仕事をする人が増え、家族のかたちも変わってきていて、

親が子供としっかり向き合う時間も少なくなっている。

子育てに正解はないし、勝手に育つものでもあるけど、

愛を伝える術は同じ時間の中にしかないと思う。

時間はみんなに平等に過ぎていく。

なんのためにどう意識して使うか。

子供と過ごせる時間は長い人生で見るとほんのわずかな間。

後悔のないようにしたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


前の記事

得より徳

次の記事

ブランドという意識