何のためのレビューなのか

レビューというか口コミというかコメントというか。

ネットでいろんなことについて事前に調べることを、

購買の指標にすることが多くなった。

誰だってお金を払って失敗したくない。

第三者の意見は参考にはなるけど、

匿名性も高く鵜呑みにするのはどうかと思う。

公の場にレビューをしたことがないからわからないけど、

どういう動機でみんなは足跡を残すのだろう。

一意見として誰かの役に立とうとしているのか、

ただの自己満足なのか、感謝の気持ちを表現したいのか。

中でも悪口や暴言を書くのは一番理解ができない。

サービスに不満があったなら、もう買わなければいいし、

もう行かなければいいだけの話。

わざわざ悪口を公の場に残して誰が得をするのか。

先入観はいい面も悪い面も少なからず影響を与えてしまう。

好きで改善を提案するなら、言葉使いも変わってくるはず。

点数などの評価は、何かを選ぶ時の基準にとても便利。

でも評価の母数が多ければそれなりに信憑性も高いけど、

少しだけの評価なら、かなり偏りが出てくるから、

相対値か絶対値かは、きちんと区別した方がいいと思う。

人の価値観なんて千差万別。

周りの意見に流されるのでななく、

自分の中にブレない基準を持つことが大事。

特にこれからの時代は。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


前の記事

SNSの扱い方

次の記事

フグの肝