身体は大事

たまに罪悪感なく食べれる、という感想をいただく。

もちろん食品添加物の類いはいっさい使っていないし、

使う必要性もなく営業ができている。

罪悪感のある食べものってなんだろう。

インスタント食品やレトルト食品だろうか。

食べものなのに、身体に良くないというから不思議。

作ってる人が見えないというのは、やっぱり怖い。

その要素も大きいような気がする。

健康ってふわふわした概念で、見た目以外にも、

検査をしてみないとわからないことがある。

年を重ねるにつれ、少し気にするようになってきた。

食事の選別や運動をできる範囲で。

長く生きたいとは特に思わないけど、

身体に不自由をしてまで生きるのは辛そうだから、

最低限に健康でありたいと思っている。

縄文時代の平均寿命は15歳というから、

随分と今の人間は丈夫になったものだ。

食べものが豊かになった影響によるところも大きい。

科学的に栄養をとれるようになったし、

美味しい選択肢も確実に増えた。

じゅうぶんに長生きできるくらいの身体になっているのに、

健康を意識している人は増えている。

カロリーゼロや何かと透明にしてクリア感を売りにする

飲み物は、罪悪感がないという感覚的な理由で

買ってる人が多いと言われている。

多くの人が、しっかり栄養のある食事を摂りたいと

願う一方で、忙しすぎて簡単に済ませてしまう現実。

気分だけでも健康になれるなら、心の面で効果はありそう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

気概のはなし

次の記事

離れて考える