飽食の時代

飽きるほどにじゅうぶんな量を食べれるということ。

世界は豊かになり、人口がどんどん増加していくので、

食べる人も増える分、食料がたくさん必要になる。

その過程で大量生産はやむをえなく、

日持ちさせるために、科学的な保存料を使ったり、

畜産に負荷をかけ無理やり育て、早く大きくしたり、

農薬を使ったり、加工したり、代替品を作ったり、

様々な新しい技術が日夜、研究されている。

そして、このような食べることについて学べば学ぶほど、

日常に溢れてる食品のほとんどが、

人間の身体に良くないものがほとんどだと知る。

料理に携わるものとして、お客様の身体に良くないものを

提供しているのかと、罪悪感すら生まれてしまうほどに。

人類が美味しさを追求してきた結果、身体に支障をきたし、

さらに環境汚染にもつながっているなんて皮肉でしかない。

最近でこそ、糖質制限やカロリーオフが目立つようになり、

いろんな人が健康について警鐘している。

今の人はあきらかに食事を摂り過ぎてもいるらしい。

1日に必要な糖質量が、ごはん1杯分でいいなんて。

食料危機を迎えようとしているのだから、

出費も抑えれるし、食べる量を減らしてみようと思った。

減らすことで、集中力が上がり、生産性も上がり、

身体にもいいなんて、メリットでしかない。

大昔の人は、狩猟だけで生きてきた。

今は生きるのに、じゅうぶんな量の食料で溢れている。

なんと豊かで贅沢なことか。

知ることの大切さを痛感している。

考えるきっかけになるから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

離れて考える