得意と好き

得意と好きは違うと思っている。

得意、はそれができるということ。

好き、は夢中になれるといったところでしょうか。

料理を仕事にしてきたので、料理を作ることはできる。

料理を始めた頃から、食べることがとびっきり、

好きというわけではなかった。

いわゆる食べ歩きなんてほとんどしてないし、

休みの日なんて料理を作りたくなかった。

これはよく聞く話で、普段作ってるからしたくないとか、

家のキッチンが狭いからという理由ではなくて、

単純に料理を作ることが好きではなかったからだ。

料理を生業としてお客様にこんな発言をするのは、

失礼極まりないかもしれない。

でも料理を作るのは得意だと自負している。

昔から周りにセンスがいい、美味しいとよく言われた。

この道に進むことも、周りの反対を押し切って選んだ。

今でもこれでよかったのかと自問自答はするけれど。

必ずしも好きを仕事にするのが正解とは限らない。

好きを仕事にしたら、好きでなくなる可能性もある。

好きなことは好きなままで、

いい距離感を保っておくというのも一理ある。

何が大事かというと、

得意な料理を通して、相手に喜んでもらうという行為が、

好きだったんだと思う。

相手を思って、美味しく作りたいと創意工夫をする。

相手にどうしたら喜んでもらえるかを考える。

料理は手段にすぎず、目的は感動を与えることにある。

どんな仕事も本質的には、お客様に喜んでもらうこと。

たまたま得意なことが料理だったってこと。

だって料理が美味しいは、一番身近な幸せですから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

本来、美しいもの

次の記事

記憶に残る人