ファーストフードのジレンマ

ファーストフードは安くて美味しくて便利で利用しやすい。

とてもアメリカ的で、大量生産、大量消費の象徴である。

色んな要素の平均値が絶妙だから、

こんなにも多くの人の心を捉えているんだろう。

子供達の興味関心を虜にしているのは何かと強い。

料理を作る仕事をしておきながら、

不摂生なところもあるので、自身もよく利用していた。

健康によくないとはわかっていながらも。

確かにカロリーは高い、トランス脂肪酸も高い、

糖質も多い、さらに牛肉などの畜産から出るメタンガスは、

地球温暖化の危機に関わる世界の問題にもなっている。

そういう事実と真剣に向き合ってみると、

自分が渦中の当事者であることもわかるし、

何より見て見ぬふりをしていいものかと考えてしまう。

便利さや快適さが、結果的に肥満を生み、ガンを生み、

人々の身体を徐々に蝕んでいるというなら、

正解のラインをどこに引けば最適なのだろう。

絶対悪でもないし、控えれば解決する問題でもないし、

その産業があることで雇用が生まれ

生活が成り立っている人がたくさんいるから。

企業側も、培養肉や健康に気を使ったメニューに、

プラスチックゴミの削減など、環境や健康に配慮した

取り組みがされてはいるけど、消費者の意識とは

まだまだ乖離しているような気がします。

だって楽だから。

それに慣れてしまっては相当意識を高く持たないと、

人間という生きものは、なかなか抜け出せないもの。

さらに糖分や脂質には中毒性があるから余計に厄介だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

記憶に残る人

次の記事

情報を食べている