いつまでも未熟

テイクアウト専門店に決めたのは、

小さく始められるのと、座席がない分、

際限なく販売できると思ったから。

外食よりも中食の方に未来の可能性もあった。

飲食店は少なからず出店場所の良し悪しで売上も決まる。

自分の譲れない方向性と土地の相性は大事。

公園をコンセプトにしていながら、

うまく合わせられなかったのを経験から学ぶことができた。

公園はシーズンや天候にも大きく左右される。

ましてや春と秋は、年々短くなってる気がする。

お弁当をするなら、たくさん作らないと意味がないのに、

大量生産できるほど、一人で適当には作れなかった。

スペースとしての設備的な難しさもある。

だれしもお店を始める時は、勢いがあるので、

自分ならできると思い込んでしまいがちな気がする。

マイナス要因になかなか目がいかないというか。

場所選びも、自分の想いと商圏の関係性も、

初めてのことだから、わからなくて当然なんだけど。

それに自分のお店を持つということは、

だれにとっても自由だし、希望だし、憧れである。

その分リスクは大きいから、学び続けないと生き残れない。

周りにお店を始めたい人がいるものなら、まず止める。

反対されてもなお、やり遂げる情熱がないと難しい業界だ。

今までの過去も、思い描くような結果を出せてないから、

いつになったら人間として完成するのか。

まだまだ自分は未熟だなあと思う。

今の自分に満足してる人は、どれくらいいるんだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


前の記事

負荷をかける

次の記事

悩みについて