気持ちの段取り

今やってるテイクアウトという形態は、段取りがすべて。

料理そのものが段取りあってこそ成立するもの。

お客様に提供する仕上げを極限まで短くする努力をする。

一人のためだけに作るのではないから、

他のお客様にも品質が均等に行き渡るように、

段取りが緻密に計算されていたりする。うちだけに限らず。

お客様からは見えない部分だし、見せてもいけない。

テイクアウトは他の席のある飲食店に比べて、

どうしても段取りに時間がかかってしまう。

実際に提供するのは一瞬だから。

性格によっても段取りの良し悪しに違いはあるけど、

自分は決して段取りが上手とは言えない。

決断にも時間がかかるし、準備にも時間がかかる。

もちろんお客様に商品をお渡しするのが、

最終の締め切りだから、当たり前に間に合わせるけど、

そこに至るまでの道のりに、けっこう時間がかかる。

もっとサクサクできないものかと、いつも思うけど

周りに誰もいないという環境も手伝って、

緊張感が緩んでしまう、という言い訳もしておく。

何も生産性だけがすべてでないし、

時間をかけたからいいってものでもない。

お客様に満足してもらうことが本質だと思うから、

段取りに費やした時間は関係ないといえばないけど、

たとえ不器用で、仕事が遅くて、段取りが悪くても、

それを作るのにかかった自分の物理的な時間は、

確実にお客様へ気持ちを捧げている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


前の記事

正義と救いと

次の記事

フィクションは真実