場所選び

それぞれ街の個性や雰囲気を決めているのは、

多様多種なお店の存在だと言っても過言ではない。

お店の出店場所を決めるのは一大決心だ。

慣れ親しんだ街以外だと、人の流れや客層を読むのに、

リサーチしたりするけど、実際にやってみないと

わからない部分も大きい。

それに空き物件次第でもあるし、家賃との兼ね合いもある。

宝塚や逆瀬川について事前に情報収集もしてなかったけど、

今の場所に決めたのは、公園が目の前にあったから。

よく子供と遊びに来ていて、いい公園だと思った。

わりと都会の中なのに、ただ芝生が広がっていて、

シーズン中はいつも多くの人で賑わっていた。

この公園の近くにこんなお店があったらいいなと、

思ったのが始まりの動機。

キッチンゆえ、それまではずっと陽の当たらないところで、

仕事をしていたことが多かったので、太陽の光に憧れた。

そして毎日のように公園を眺めることができた。

贅沢なスクリーンで季節を感じ、天気を感じ、植物の色の

変化を眺めたり。それがもうできなくなるのは寂しい。

自分のお店は宝塚や逆瀬川にふさわしかっただろうか。

街の雰囲気の役に立てただろうか。

オープン前の工事中の時、大家さんに、

「ここだけ東京みたい」と言われたのが懐かしい。

違う場所ならもっとよくなってたかもしれないし、

どこに行ってもダメだったかもしれない。

場所選びが正解だったのか本当の答えはわからないけど、

ここに決めた運命を受け止めたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


前の記事

揺れることもある

次の記事

過ちは美しい