価値観の潮目

世の中全体に倦怠感を感じる。

コロナもあって、時代は急激に変わりつつある。

インターネットは包丁のように、

正しく使えば便利なものになるし、使い方を誤れば

人の命さえ奪ってしまう凶器になってしまう。

車を運転するように、事故を起こさないためにも

いよいよ共通認識の規制やルールが必要になっている。

アドレナリンで活性化するというより、

セロトニンで精神の安定へと向かっていたり。

コロナでもろに影響を受けた自転車操業的な飲食店の

フロービジネスよりも、YouTube的なアーカイブが資産と

なるようなストックビジネスが有利になってきたり。

がむしゃらに早く仕上げるより、マイペースでよかったり。

バリバリに働いてお金を稼ぎたいというより、

自由に使える時間こそが大切だと気付き始めていたり、

それはまさに仕事よりも、家族や自分の時間を作る方が、

幸せなのではないかという価値観に向かっている。

このような動きは今まさに肌で感じているし、

自分の行動と照らし合わせてみても納得がいく。

豊かさは確実に個人の自由度を促しているし、

それに対して社会も徐々に寛容になりつつある。

古い常識に縛られいては、窮屈になるばかり。

新しい価値観の潮目に立ち会ってる今、

いかに柔軟に適応していくかで幸福度に差が出ると思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


前の記事

食べすぎていませんか

次の記事

子供に伝えれること