納得と過程と柔軟さ

プロだから優れてるとは限らないと思うんです。

これからは。

優劣を判断するのは、社会や周りの人で、

自分がその行動に納得してるかどうかが大切です。

プロに至るまでは、もちろん努力が必要だし大変だけど、

苦悩を抱え、何かを目指して向上してる過程こそが、

一番楽しくて、美しいものであると思うんです。

恋愛でも、付き合うまでの過程がドキドキするように。

プロの技術は、先人が時間をかけて築いてきたもので、

磨かれた基礎は普遍的で、限りなく正解に近いけど、

既存の枠にはまりすぎると、思考が固まってしまう。

こうでないといけないと思い込んでしまう。

ある意味それは偏りが生まれてしまうといこと。

でも柔軟さを身につけることは、とてもむずかしい。

人間の成功体験は往々にして、保守的になりがちだから。

新しいものを生み出すには、枠や型にはまっていては

何も始まらない。もちろん尊重すべきプロフェショナルは

たくさんある。否定してるわけではないです。

時代と共に変わっていく価値観が、

ゆるく移行していたものが、早くサイクルになったため、

同じ世代でも価値観の違いが生まれてきている。

親世代である昭和と現代のギャップに確執も起きやすい。

今は個人の自由度が高まってきているので、

子供の世代へは、自分の成功体験を押し付けるのではなく、

相手のアイデンティティを尊重した上で、

サポートしてあげるくらいがちょうどいいのではないかと

思うわけです。偏りのない柔軟さが活きやすいように、

社会や周りがもっと寛容になればいいな思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

比べられないもの

次の記事

最後のプレッシャー