最後のプレッシャー

年末はクリスマスにお正月と大きなイベントが、

これでもかと言わんばかりに、互いに寄せ合っている。

我ながらクリスマスセットと御節の両方に

特別メニューを組める設定にしていることに感心する。

いったい何料理のお店なのだ。

オープン当初からやってる企画なので、今年で5回目。

なかなか慣れるものではなく、高額商品なのもあって、

この時期になってくると、毎年のように緊張する。

御節に限っては先に代金をいただいてることが多いので、

病気になんてなれないし、死ぬことがあってもならない。

大きな期待のかかった予定を控えてるというのは、

相当なプレッシャーになる。

そういう意味で予約制も少なからずプレッシャーがあった。

さらに今年で最後であるというプレッシャーが追加される。

気が張っているため、日に日に閉店に近づいているのに、

まだまだ実感が湧いてこない。

もう会えないお客様もいるんだろうな、と思いつつも

年末のメニューを考えないといけないし。

最後のプレッシャーは大きいし、簡単には死ねないけど

やっぱり人生において、適度の緊張は必要だし、

乗り越えた先の達成感は、なにものにも代えがたい体験。

緊張や苦労や不安は進んでするものではないけど、

試行錯誤のプロセスや、発揮するエネルギーは、

自分で思ってる以上の能力が出るし、成果も出ると思う。

そして達成した後には、確実にその体験が自分の中に

蓄積されるし、もはや成長を前にしか進めてくれない。

最近つくづく思う。

嫌なことを避ける方がほんとはリスクで、

苦労の先にしか成長はないんだと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

納得と過程と柔軟さ

次の記事

消えゆく食卓