人生が交差する場所

世界にはこんなにもたくさん人がいるのに、

生きてるうちに関われるのはごくわずかな人たちだけ。

友人、恋人、夫婦、仕事、家族、様々な関係性の中で、

出会いと別れを繰り返し、みんな歳を重ねていく。

だれかとだれかの人生が互いに交わり、

ひとつになったり、違う方向に進んだり。

生まれおちた場所の環境でも人生は決まってしまう。

貧困に喘ぐ場所で生まれたならば、

圧倒的に始まりの時点から不利な人生になってしまう。

残念ながら今の社会では、スタートラインが平等ではなく、

生まれたい場所は自分で選べない。

たとえ豊かで恵まれたこの国で生まれても、

親の愛情が歪んでいたら、子供への影響は大きい。

子供は自分の意思と裏腹にできてしまうことがあるから

ほんとに悩ましい人間という生きものの仕組みだと思う。

親には子供を育てる責任があると本能でわかっていたと

しても、権利を放棄したり、虐待がなくならないのは、

親の人間性が未熟だからに他ならない。

親になれる一定の基準があればいいのに、とさえ思う。

人生のスタートは自分で選べないけど、

生きてさえいれば徐々に自分で選べるようになってくる。

だれと出会うかもその後の人生を決める大事な要素。

いい人も悪い人も、好きな人も嫌いな人も、

自分の人生をよくするための通り道だと思えば、

どんな出会いもすべて受け入れられる。

地球から見れば、小さな点に過ぎないこの街で、

お店を通して関わったお客様がたくさんいる。

ぼくの人生とお客様の人生が交差したのは、

宝塚ではないけど、この場所に生まれたからこそ。

それはすごい確率で起きた大切な出来事。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

消えゆく食卓

次の記事

与える影響を考える