進む時間と巡る反芻

終わりが近づくにつれ、情報が多くなってくる。

お客様への挨拶、予約の管理、やらないといけないこと。

いろんな思いが反芻している。

考えても仕方ないことだとわかっていても、

負の影響は時に頭の中を占領してしまう。

期待に応えたい気持ちと、全部に応えれない現実、

限界のラインをどこに引くか。

良心の呵責に苛まれながらも、答えのない問いが

巡り巡って、ただ意味のない時間を過ごしてしまう。

お店を作ったのは自分で、仕組みを整えたのも自分、

全部が自分の責任であることは否めない事実。

作業に時間をかけすぎる、マルチタスクをこなせない、

容量が少ないものだから、要領も悪い。

このような負の連鎖の堂々巡りは、視野を狭くさせ、

普段気づけることに気付けなかったりするので、

意識的に時間を作り、余分な思考を捨てないといけない。

こうして書くことでアウトプットすることも効果がある。

時間をうまく使えるようになりたい。

時間も手の数もみんな平等に与えられているのに、

どうしてこうも効率よくできないのか。

歳を重ねたからこそ、生きる生産性をもっと高めないと。

とはいえ時期的にそうも言ってられないので、

とにかく全集中で目の前の仕事に取り組むことにする。

人生史上、最速に過ぎていく師走になりそうだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

周回遅れ

次の記事

月が見える朝に