時間がつくる価値

オープン当初から応援してくれているお客様から、

最後だからとお食事に誘っていただいた。

当時は生まれたての赤ちゃんを連れていたので、

子供が大きくなっていく過程を同じように見ていて

時の移ろいを感じれる指標のようになっていた。

まだ振り返るには早いけど、4年半という歳月に

何を得れたのかを考えると、間違いなく一番に

関わったお客様との信頼関係だと言える。

それは会社に勤めていては、なかなか肌で感じる

ことのできない、とてもあたたかい感情で、

余計なフィルターを通さない、直のやりとりから生まれる

個人事業主だからこその関係性です。

閉店するのなら意味がないと言われてしまえば

それまでだけど、一朝一夕ではつくれない関係性は、

今後の活動における精神的な支えにもなるし、

応援してくれていた気持ちが自信にもつながっていく。

信用や信頼は、アンティークやワインの魅力と同じように、

時間にしかつくれない価値のあるもの。

毎日のように安定した味を提供して、

自分の軸を確認して微調整を繰り返しながら、

期待に応えれるように励んできた結果でもある。

これは自分だけに限った話ではなく、

個人でお店をしてるような人なら、

だれしもが感じてることだと思います。

それくらい、いくら世の中が便利で快適になって、

オンラインになって、シンギュラリティが来ても

人と人との関わりから生まれるよろこびに

勝るものはないと信じています。

そしてその魅力をもっと伝えていきたいと思っています。

誘ってくれてありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次の記事

考える作業