納得がいくまで

今でこそ働き方改革で、労働時間が短縮されているけど、

飲食業界は以前からブラックだと言われているように、

そう簡単には改善されない現実があると思う。

どれだけ無駄を省いても、人が作ってる以上、

準備や段取りに一定の時間はかかってしまう。

若い頃は、長時間労働が当たり前の時代だったので、

技術を習得しようと、がむしゃらにたくさん働いた。

またそれが美徳ともされていた。

寝る時間を惜しんで仕事をしたりして、そういえば

通勤の居眠り運転で事故をしたこともあったなあ。

今のお店でもイベント前や忙しい時は、

寝ていたら間に合わないことがあって、

夜通しせっせと準備をする時があった。

二日寝ないと幻聴が聞こえてきて、さすがに危険を感じた。

今はだいぶコントロールできるようになったけど、

全時代の慣習が体に染み付いてることは否めない。

どんな仕事でもそうだと思うけど、単純に働く時間を

減らしたところで、人生が充実するとは限らない。

何かの技術や経験を身に付けるには、

ある程度まとまった時間を、やりたいことに没入し

捧げないと自分のものにならないと思う。

時間を区切り生産性を高めることも大切だけど、

自分の納得がいくまでやりきってこそ得れるものがある。

年末に向けて予約をたくさんいただいてることで、

仕事量は普段より圧倒的に増えているけど、だらだら

過ごすよりかは、脳も身体も心地よく活性化している。

最後の料理としての期待もプレッシャーもあり、

常に気が張っている状態ですが、自分の納得がいくまで

時間をかけてやりきりたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

考える作業